5/11
2002.10.11 ウブド(カフェ、美術館、お散歩)



バンブー家具にギンガムチェックのクロスがかわいいカフェで休憩。(名前見てくるの忘れた。)

ほっと一息。 カフェは通りが見えるのが好きです。


左:ウブドジュース
右:アップルジュース


ウブドジュースはパパイヤ、サヤック、レモンのミックス。
もちろんフルーツを搾ってミキサーにかけたフレッシュジュースです。
安くてうまい!!


バリ版「あたしンち」? カフェ犬。
外が暑かったらしく、
ヨロヨロと歩いてきて
タイルにぺたーっとなってました。


休憩した後は「デワンガ・ギャラリー」に行きます。
今年、バンガローの敷地内に建てられた2階建てのギャラリーです。

普段はグスティさん・メガサリさんご夫妻の
版画などの作品が展示されていますが、
この時はSilakarang Groupによる
絵画の企画展でした。


ギャラリー内はひんやりとしていて、綺麗なガムランの音楽が流れていました。
街中の観光客向けの絵とは明らかに違っていました。
やっと「芸術の村 ウブド」に来た、と実感。


緑の多い敷地内。
雰囲気もとてもヨカッタです。


つぎは「ネカ美術館」へ向かいます。街なかを歩いていると色々発見。


ピンクのワニ。


ヤシの実のオブジェ。 ちゃんと歩道を歩く
ニワトリの親子。


平井堅をガンガンに流してるお店があってちょっとがっくし…。
でもバリのCD屋さんにも宇多田ヒカル、浜崎あゆみなど日本人のCDもあるし、 Bjork、OASIS、U2等々有名所は揃えてありました。 これはやっぱり観光客とか長期滞在の外国人向けなのかな?

ニワトリの親子の写真を撮っていると、後ろからおっさんが「ピヨピヨ。カワイイ。」 と声をかけてきました。ホントにバリの人は日本語お上手ね…。


ネカ美術館
古典から現代までのバリアートが
展示されていました。


ウブドの自然を描いた風景画がとても美しく見入ってしまいました。 市場の様子を描いた絵の中には、ちゃんと市場犬がいて、 バリの人たちの生活に犬は溶け込んでるようです。


そろそろホテルに戻ります。もちろんタクシーなど使わず歩いて帰ります。

ペットショップ。
猫いるかな?と思って入ったら
ペット用品を扱うお店でした。
この両替所には
なぜかちょうちんが。


交通整理。 車とバイクがとばしてくるので
それがちょっと怖い。
排気ガスもすごいです。


地元の人たちに混ざってひたすら歩きます。


農作業をする女性達。


バリ島の建物の屋根は
赤瓦が多いです。
なんとなく沖縄チック。
朝も見たココナッツの皮の山。
その隣に実が置いてありました。 よく見たら芽が出ててかわいかった。


山深くなってきました。
ホテルはもうすぐ。


やっとホテルの門まで辿り着く。
ここからまた歩く…。
ロビーの建物が見えてホッ…。


1時間近くかけて周りの景色を見ながらゆっくり帰ってきました。
後に、オプショナルツアーのガイドさんに往復歩いて行ったことを話したら、 エライ驚いてました。確かに山道歩いてる観光客はいなかったかも…。 けど、車では一瞬で通り過ぎてしまう道にも、歩いてみて初めて気づくこともあるし、 写真もいっぱい撮れて満足満足。
しっかし歩き疲れた。ベッドに突っ伏して休憩。


でも今日はこのあと「ケチャック・ダンス」を観に行く予定。
気合いを入れて起きあがり、シャワーを浴びて再び出掛ける準備。


prev top next