5/10
2003.12.18 沖縄・粟国島



ガシガシ漕いで15分くらいで塩工場に到着。


ソテツに隠れて様子を伺ってます。 この先の浜が
奈々子と福之助がタコを焼いて食べてた浜


塩工場は事務所に声をかければ自由に見て歩けます。
パンフレットと塩のサンプルを頂きました。


空港で問いつめられそうな見た目。


この工場の見どころはブロックを積み上げて作った高さ10mの「彩かんタワー」。

彩かんタワー。二棟あります。


中には無数の竹が吊され、
海水がしたたり落ちてます。
圧巻。


見てると水が飛んできてしょっぱいです。


煮詰めたり 乾燥させたり


ふるいにかけたりして 袋詰め


完成〜


とにかくまぁ、彩かんタワーが、ずーっと見てても飽きなかった。(髪の毛がゴワゴワになったけど) 事務所のお姉さんに別れを告げて、自転車を返しに行きます。


ブイの植木鉢


ソテツに混ざって 牛がいたりします


GSで自転車を返してまた歩いて空港へ。
那覇行き最終便(16:45)で本島に戻ります。
ああ時間が足りなかった。もっともっと見たいところがあったのに…。次は一泊以上、夏に来てウーグ浜で泳ごう!と決意。


沖縄ではよく見かけるトリ


空港に着いたら売店で「粟国の塩」と「もちきびかりんとう」を購入。


搭乗手続きでは
やっぱり体重測定。
他の人に目盛りが見えないように
工夫されています。
おぉ〜!!
JUNが一番前の席に!!
(私はまた一番後ろ…)


+++ movie +++
一番前はパイロットの隣。 離陸!


さよなら粟国島 もうすぐサンセット


そして謎の島々 本島が見えてきました


着陸。ホッ。


空港からはモノレール「ゆいレール」で移動。


まだ駅も車両もぴかぴか。 車内は広々しています。


ホテルにチェックインして夕食は今回も「うりずん」へ!


なんだか「ただいま」って気分。 泡盛の酒器「カラカラ」。
今回は泡盛デビューを果たしました。


ちょうどお隣が「泡盛百年古酒元年」の会長さんたちだったので泡盛についてアレコレお聞きすることができました。

美味しい沖縄料理と泡盛とハーモニカ奏者(?)のゴヤスーさんと大盛り上がりでシアワセなひととき。 うりずんはオープンしてから三十数年、一度も改装してないんだそうです。改装しなくてもお客さんが新しい風を運んでくれる、とマスターの土屋さんが言っていました。かっこいいな土屋さん。

シーサーカレンダーを頂き、土屋さんの「良い旅を!」という言葉に送られてほろ酔いでうりずんを後にしました。


スーパーマーケットに寄ってお買い物。 レート表示があるとこが沖縄っぽい。


飲んだ後は沖縄そばでしょ♪


長いようであっという間の一日目やっと終了。
明日は国際通り・市場をウロウロします。


prev top next