5/18
2004.09.17 ストックホルム



今日はアコガレの709号室!

朝食を取りレセプションへ行き一旦チェックアウト。前日の宿泊客がいなかったのか、すぐにキーを貰えていざ7階へ。


7階は廊下がクネクネ。
赤いライト。
部屋番号のプレートには
部屋の名前とデザイナー名。


うわー!!カワイイーーッ!!
かわいさが迫ってくる!


709号室「Miss Dottie」のデザイナーはThomas Sandell(トマス・サンデル)。女性のためにデザインされたらしい。この部屋が一番人気というのもわかる。この非日常的な空間に入った女性はみんな「女の子」に戻ることができると思う。自然と笑みがこぼれてしまう居るだけで楽しくなる部屋。


トマス・サンデルのプロフィールと
この部屋のデザインについて。
ベッド、キャンドルホルダー、
アームチェア&オットマンは
この部屋のためにデザインされたもの。
壁にはそのデザイン画が飾られています。


キャビネットはヨナス・ボリーンとトマス・サンデルの競作「SNOW」シリーズ。
中にはデザイン書や写真集など7・8冊入ってます。


これもトマス・サンデルデザイン
パズル型スツールPSヴォグ。
ベッドの上には
ヤコブセンのAJ WALL。


B&Oのテレビ。 窓辺には鉢植え。
春には花が咲くらしい。


コンポの上に「Miss Dottie」というCDが置いてありました。
デザイナーズルームからインスパイアされた曲を集めたCDで
参加アーティストはスウェーデン人アーティストがずらり。
(知ってる人はいなかったけど)


さっそくCDをかけてお茶タイム。
DESGIN HOUSE STOCKHOLM の Blondマグ。


普通のティーバッグなのに極上の味に感じるよー☆

もうこの部屋から出たくない!
今日の予定は中止中止ちゅうしー!!

と言いたいところだったけど洗濯して出かけることにしました。基本的に貧乏旅行なので洗濯はもちろん自分でします。ランドリーサービス?なんですかそれ。


バスルーム。アアルトのスツールが置いてあります。
床はタイル張りで冷たいのを覚悟して入ったらナント床暖房!
でも、女性のためのデザインといいながら
ミラーが高すぎて私はオデコから上しか映らない…。


真っ赤な天井がポップでカワイイ 持ってきたロープ張って洗濯物干し。
トーマス・サンデルが見たら
オーマイガ!!と頭抱え込みそうな絵。


後ろ髪引かれる思いで部屋を出て、今日はショップ巡り。


家のパーツ屋からインテリアショップ、
食器・製菓用品、デザインショップなどなど。
物価が高いので専らウィンドウショッピング。



ランチはマクドナルドへ。



prev top next