11/18
2004.09.20 ヘルシンキ



あっという間に朝。


朝食はマキシム・ア・ラ・カルトでビュッフェ。


朝からシャンパンですよ。 このキノコのオムレツが
最高に美味しかった!!


昨日の夜はお酒と軽いツマミで済ませてしまったので、朝食はモリモリ食べまくり。
食後は荷物をまとめて船を降りる準備。


もう着いてしまう〜。


ヘルシンキ南港に入港。
たまねぎ型のクーポラを持つ建物が見えたりしてロシアっぽい雰囲気。


港には船がいっぱい。 さよならアザラシくん。


タクシーでホテル「スカンディック シモンケンタ」まで行き、チェックイン。


ガラス張りの外観。 レセプション。


大きいホテルだけあって、スタッフの数も多く結構事務的な感じ。ビリエルヤールのアットホームな雰囲気に慣れてしまっていたのでちょっと戸惑う。

とは言っても、デザインホテルだけあって広い空間を生かしたインテリアはさながらギャラリーのよう。

┃Scandic
http://www.scandic-hotels.com/

ラウンジ。 カフェ&バーにある
巻き貝みたいなライト。


エレベーターホールのソファ。 客室の廊下。


外観とは対照的に、廊下と客室には落ち着いた色の木が使われていて暖かい雰囲気。


木目とグリーンがほっとする。 ゴミはしっかり分別。


リサイクルや環境に気を配っているホテルなので、シャンプーなどはディスペンサー式。タオルも必要以上に交換しません。私も手動で洗濯して出かける準備。

ホテルを出て、まずヘルシンキ中央駅へ。


設計はエリエル・サーリネン。 バタンバタンと乱暴に開け閉めされるドア。


ドーム型の高い天井。窓からは自然光が差して暖かい。


プラットホーム。
(乗らないので見るだけ)
英語表記が少なくて不安…。


FOREXで両替したら
いよいよヘルシンキ散策!


ヘルシンキは小さい街なので大抵の所は歩いて行けます。


石畳。慣れなくて歩きにくい。 かわいい配色のマンション(?)。


最初に向かったのはテンペリアウキオ教会。天然の小さな岩山をくり抜いた半地下の教会で、「岩の教会」とも言われる変わった教会。設計はスオマライネン兄弟。


入口に到着。


ぱっと見、建物とはわからない外見。わくわくしながら内部へ。


ホントに岩と石だった。
岩の中の教会だなんて単純に感動してしまう。


天井は直径24mの銅板。
それを支える天窓から見える真っ青な空が綺麗だった。


祭壇。


+++ movie +++
パイプオルガン練習中。 岩肌にキャンドル。


外に出て岩山の上に登ってみました。


読書中の女の子。 キノコとタンポポ。
普通にそこら辺にキノコが生えてるのが
うわーフィンランドー!って感じ。


近くには小さな公園があってノンビリした雰囲気。ブランコに乗ったりハシャギ回っていたらお腹が減ってきたので、お昼を食べることにしました。



prev top next