7/8
2004.12.20 竹富島



朝食は8時。


朝からボリューム満点。味も満点。


身支度をして宿の精算を済ませ、荷物を預かってもらいカイジ浜へ。


門の上にネコシーサー。


白い道が気持ちいい。 「ネコのヒゲ」という花。


カイジ浜。別名「星砂の浜」。 でも踏み荒らされてなかなか星砂は見つからない。


私の目的はもちろんネコ。


売店にものすごいネコ団子が!


ぎゃー!ごっそりお持ち帰りしたい!
いつもこんな団子になってるんですか?と訊くと
「今日は寒いから…」とお店の子が答えてくれました。
寒いって言っても20℃はあるんだけどねぇ。


母は星砂探しに夢中。私はネコに夢中。


竹富島はネコの楽園なんだなぁ。
平和に幸せに暮らしてほしいな。


じゃぁね。また来るよ。
(左端の子がツボ。)


自生のハイビスカスの中に、八重咲きを発見!


立派なガジュマルの木。
古いガジュマルにはキジムナーという妖怪が住み着いてるらしい。
この樹は「岡本太郎の沖縄」という写真集に載ってるのと同じ樹かもしれない。
あの写真から45年経ってキジムナーが住み着くのに相応しい様相に成長していて
太郎に見せてあげたい。


「泉屋」という民宿を見つけ、ギャラリーでお買い物。


アジア感たっぷりの雑貨・やちむんがずらっと並ぶ。


私は小鉢を、母はバンダナをお買い上げ。
母は早速バンダナを頭に巻いてたけど、どうみても三角巾したお掃除オバちゃんだよ…。



prev top next