6/15
2005.11.21 コロニア・グエル



バルセロナ4日目。
今日も郊外に出かけます。


おはようサグラダさん。


朝食を終えて出かける準備をしていると、窓の外から賑やかな声が。

向かいの建物は小学校でした。
親に手をひかれて登校する子どもたち。
スペインでは14歳くらいまで保護者の
送り迎えが義務づけられてるそうです。


私たちも出発!


昨日と同じカタルーニャ鉄道に乗って
コロニア・グエル駅で下車。
無人駅?人がいないです。
メインの教会までは徒歩10分。
でも地図を広げなくても、


こんなカワイイ足跡がインフォメーションセンターまで案内してくれます。


コロニア・グエルは事業家グエルによって計画された工業住宅地(コロニー)。
繊維工場とその労働者たちの住居、学校、公園、医院、そしてガウディ設計の教会など。
今は工場も別の人の手にわたり、住居や施設も分売されています。


案内所で教会のチケットを購入、展示してある資料やパネルを見たらいよいよ教会へ!
(資料室では地元の高校生?たちが課外学習中でした。)


ガウディの最高傑作といわれるコロニア・グエル教会(地下礼拝堂)。
岡本太郎も訪れて絶賛してたらしい。


詳しい説明は公式サイトで↓(日本語あり)

┃Colonia Guell
http://www.elbaixllobregat.net/coloniaguell/


この教会も未完成。ほんとはあの屋根の部分に何本かの塔が建つはずでした。
でもあまりにも時間とお金がかかりすぎるために、
グエルに工事中断を言い渡されたのでした。


ガウディの建築は中に入ると不思議な安心感がわいてきます。
それはやっぱりこの有機的・流動的な造形によるものなんだろうなあ。
人工的に造られた物なのに、自然にできてしまったような気さえします。


本物の貝で作られた聖水盤。 教会椅子ももちろんガウディ作。
座ってしばらく浸ってました。


この建物が傑作と言われるのは、ガウディが10年以上かけて逆さ吊り実験(フニクラ)を繰り返して、構造原理を研究しながら設計していったから。当時の建築でこの柱の傾斜具合とかありえないことで、しかもレンガ造りでのこの構造はすごいことらしい。

グエル的には、教会作ってくれと頼んで10年もそんなことやり続けられたら、そりゃシビレ切らして怒るよね…。でも、自然の造形のみならず重力まで追求する、その発想が建築家を通り越して造形家と呼ばれる所以。後にその実験成果はサグラダ・ファミリアにも活かされました。(逆さ吊り実験については、先の案内所の資料室にも模型が置いてあったり、サグラダ・ファミリアの地下にも吊された無数のおもりが展示されています。)

この教会は現在もちゃんと機能しているので、教会行事、ミサや結婚式など行われているそうです。


礼拝堂の外に出てディテールを鑑賞。ほんと時間を忘れます。


屋根に登ってみました。なんか簡単にフタをされちゃったような感じ…。


教会を後にして出口に向かうと


2匹のネコが!!
おじさんが言うには
親子なんだそうです。
おじいさんと猫。
絵になるなぁ!!


ガウディ作品のそば、それも 静かで緑もいっぱいあっていい所に住んでるね!


少し街を散策してみることにしました。


スペイン(バルセロナ辺り?)ではベランダに風車を飾っている家が多いです。
以前テレビ番組で街の人に「なぜ飾るのですか?」と聞いていて、
「さぁ…みんな飾ってるから?」というスペインらしい理由で感心しました。


ガウディ建築以外にもモデルニスモ様式の建物があちこちにあります。
凝った装飾が面白いです。(エスピナル邸)。


門の模様に番地が! 道端の木には普通にオリーブが実を付けています。


工場の門までやってきました。
ちゃんとデザインされてるのがイイよね。


道路から煙突とかを撮っていたら、通りかかった工場のおじさんに「中に入って撮っていいよ」と言われ、敷地内に入ってみました。


今は工場の稼働はしていないみたいですが、建築学的・芸術的な価値を見出され、
コロニア・グエル工業地区協会によって修復・運営されてるそうです。


レンガ造りに赤い窓枠がカワイイ。
工場なのに人を寄せつけない雰囲気は全然なくて、
むしろウェルカムな温かみのある空間でした。


標識すら可愛く見えてしまう。 社食?


コロニー計画が進んでいた頃は、人々の希望で街は活気に溢れてたんだろうなぁ。


工場を出て教会の方まで続く「ガウディの散歩道」を歩いて、駅に向かうことにしました。


次々と散歩してる地元の人に会います。
こんな場所があって羨ましい。
ネコにも会えました。


この辺りの木はどんぐりの木みたいで、地面には無数のどんぐりが落ちています。
そういえばイベリコ豚はどんぐりを食べて育つんだっけ、だからどんぐりの多いスペインの名産なのかと納得しました。


道路脇で見つけた実。
なんだろ?


お腹も減ったのでバルセロナ市街地に戻ります。



prev top next
Recommend