15/15
2005.11.29,30 帰国



6時半起床。
ホテルをチェックアウトしてタクシーでマドリッド・バラハス空港へ向かいます。
タクシーに荷物を積んでいるときに、ドアマンの男の子が「昨日のパーティー見た?超クールだったよね!」と興奮気味に話しかけてきました。ちらっとしか見てないけど「良かったよね〜」と適当に相づち。←カッコイイ男の子だったので。

ドイツのフランクフルトまでスパンエアーで。 さよならスペイン。
天使のはしごができてました。

定刻通りフランクフルトに到着。
無事成田行きに乗れそうです。

飛行機の鼻(機首?)がサッカーボール!
来年のW杯ドイツ大会記念?

やたらスペイシーな動く歩道。 成田まではルフトハンザで♪


隣の席にはロシア人女性(読んでる本がロシア語だった)。
英語で軽く話しかけてみたけど全然通じなーい!
あいのりでロシアは英語通じないって見たけど本当だったのか…。

せっかくドイツの飛行機だからと
寝酒にはBECK'Sビールを。
途中、スゴイ綺麗な空が!

隣のロシア人女性が「見て見て!空が綺麗よ!」(多分)と教えてくれました。
育った国も言語も違うけど、同じものを同じように感じることができるのって嬉しいなぁーと思いました。

日付変わって30日。
午前9時に成田に到着しました。

リムジンバスで横浜までびゅーっと。 ただいまロビくん!
お土産はネコ缶(ロシアン印)だよ☆

久しぶりにテレビ見たら耐震偽装事件で大騒ぎでした。
スペインの、思想を持った建築家による素晴らしすぎる建築をあれこれ見てきただけになんだか情けない。


今回、初めてスペインに行ってみて「スペイン」とひとくちに言っても、地方によって雰囲気も民族性?もさまざまでそれが面白かったです。

特にバルセロナがあるカタルーニャ地方が気に入りました。
この地方出身の芸術家たち;ピカソ、ダリ、ミロ、そして鬼才ガウディ、エル・ブジのフェラン・アドリア。彼らの独創性はカタルーニャの気候や地形、地中海が育てたものだと思う。朝・昼・夕どの時間帯でも街は美しい姿を見せてくれて、愛すべき造形があちこちにあって、本当に素敵なところでした。


次に行けるのはいつかなぁ



prev top index
Recommend