4/6
2006.05.22 竹富島



夜中、暑くて何度も目が覚めてしまった。
どうもエアコンがいまいち冷えないらしい。かといって窓開けると蚊が入ってくるし…。
結局あんまり寝た気がしないまま5時半に起きました。

二人とも顔テッカテカ…。


早起きしたのは「なごみの塔」から朝日を見るため!

そらにはまだ三日月が。 この塔からは竹富島が一望。


命がけでこの急階段を…。 まだ街灯が灯ってます。






道を履く音が耳に心地いい。 6時まわって雲の中からご来光。


この島の集落はゴミひとつ落ちてなくて本当に綺麗。
毎朝自宅の前の道をほうきで掃くのが、この島の人たちの日課です。
昔ながらの景観が残っているのは住人の方たちの努力があってこそなんだなぁ。

朝食の時間までまだあるので、そのまま桟橋まで散歩に行きました。


太陽は今日も元気そうだよ。 足跡つけるのがもったいない。








西桟橋到着。うっすらと黒島と西表島が見えました。


コンドイビーチを見ると沖に続く白い道ができてる!


気配を感じて振り返ると昨日のお店で会ったチャッピー!
サングラス似合っててかっこいいよチャッピー。
ご主人と奥様と3人で仲良く散歩中でした。


南の島は色が濃いなぁ!


ジリジリ暑くなってきたから宿に戻ろう。


リュウキュウアオバトが
ぽーぽー鳴いてました。
白い道も眩しくなってきた。


赤瓦は青空のためにあるみたい。 おはようニャンチ☆


さぷな家に戻るとテラスに朝食の用意が♪腹ペコです。


部屋で涼んでいると「朝食の準備できましたー」と声がかかりテラスへ。


かりかりふわふわのトースト、パパイヤなどの島の野菜、
玉子料理、そしてフルーツどっさり!至福の時間でした。


スタッフのお姉さんに道端のちっちゃいスイカみたいな実のことを聞いてみたけど、「あれはねー、ガムなんです。子どもの頃、駄菓子屋でスイカガム買いませんでした? あれ実は竹富島で作ってるんですよー。」と笑うばかり。ますます深まる謎…(?)


朝食後ちょっと休んだら水着を着込んでコンドイビーチへ。
(島内(特に集落内)は水着姿・上半身裸で歩くことは禁止されています。)

自転車と海水浴セット(パラソル&ござ)をレンタルしました。


自転車には象さんマーク。 途中「たきどぅん」に寄って
おやつのサーターアンダギーを買って
(お茶おまけしてもらった☆)準備万端です。


スイーっと自転車をこいでると…


町役場の車が止まってて、男の人たちが例のちっちゃいスイカを収穫(?)していました。

「あのー、その実なんですか?」と尋ねると「オキナワスズメウリ」だと教えてくれました。調査のため集めてるんだそうです。念のため食べれるか聞いてみたけど「うーん、これはちょっと…」との答え。食べれなそうです。謎が解けてスッキリ。これで食べられたらいいのになー。


コンドイビーチに到着。


まだ白い道がある!渡ってる人がいるので私たちも大急ぎで準備。


青色クレヨンで空を染めちゃえ!
(ござだけど)
バーバパパパラソル


あの白い浜は干潮の時だけに現れるんだそうです。
水も膝くらいまでしかなくてザバザバ歩いていきました。気持ちいいー


着いた!海の真ん中にいるみたいだ。


浜があんなに遠いよ。 寝てみた。


しばらくして水が増えてきたので砂州を後にしました。

浅瀬は珊瑚のカケラが多くて裸足だと結構痛いです。
刺さったりすることもあるみたいなのでマリンシューズは必須かも。

イテテテ…と歩いてる途中、低反発まくら的な気持ちいい感触があってその正体を見たら

ぎゃーナマコーーー!!
しかもいっぱいいるー
こっちには鳥が。

なまこ初めて踏んだよ。ていうか初めて見たよ。(生で)


たきどぅんで買った
サーターアンダギー。
外はカリッと中はもちもち。
ほっぺた痛くなるくらい美味しい!


人がいなくなった沖の浜は
いつのまにかカモメたちが集合してました。


おやつ食べたあとはもっと深いとこで泳ぎたくなって、再びチャリに乗り西桟橋へ。


ここはおヘソくらいまで水があってバシャバシャ泳げて
ちっちゃいメダカくらいの小魚がいっぱいいて楽しい!


桟橋の右と左で水温が違いました。 人がいなくて静か。


ハート石。


疲れてきたので着替えて自転車でうろうろしてみることにしました。


新里村遺跡 美崎御嶽(みさきうたき)


ウタキは神が宿る神聖な祈りの場所なのでむやみに立ち入ることはできません。
沖縄はこうゆう石とか岩とか空間を信仰の対象としていることが多くて(神体とか偶像はあまりない)、岡本太郎は「なんにもないということ、それが逆に厳粛な実体となって私をうちつづける。清潔で純粋で無条件。」と書いています(←「沖縄文化論」で一番印象的な言葉でした)。




さぷな家に帰るとネコの出迎え。


夕食は「ガーデンあさひ」に行きました。
「ぴんたこ」というタコとにんにくの和え物がパワー出そう。
ちゃんぷるーは化学調味料過多といった感じでいまいち…


夜はしっかり美白美容液&美白マスクでお手入れ。
日焼け止め塗りたくったのに真っ赤っかです。

ふくらはぎがすごい熱もってて痛くて眠れませんでした。



prev top next
Recommend
  • ことりっぷ 沖縄
  • ことりっぷ 石垣・竹富・西表・宮古島
  • Ku:nel 08年07号
  • BRUTUS 06年12月号
  • 沖縄のおさんぽ なつかしい島に帰りましょう。
  • かわしまよう子/たびのほん
  • 安藤忠雄 旅−インド・トルコ・沖縄
  • オキナワの家
  • 沖縄文化論−忘れられた日本
  • シマ猫日記
  • RYUKYUDISKO / PEEKAN
  • RYUKYUDISKO / RYUKYUDISK O TECH
  • Rei Harakami / Lust
  • AQAスノーケル&マスクセット
  • LOMO FROGEYE(フロッグアイ)
  • UVカットスプレー SPF50
  • SK-II ホワイトニングソースインテンシブマスク