3/3

名古屋グルメと明治村

ご来光。この写真撮って二度寝しました。ごくらくー☆

モーニングを食べに

名古屋の喫茶店は、コーヒーを頼むとトーストやらゆで玉子やらいろいろ付いてくる「モーニング」が有名。 これも体験しておかなければ、と朝食は喫茶店へ。

大名古屋ビルヂング
球体の広告が珍しいそうです。
モード学園スパイラルタワーズ
マルメのターニングトルソっぽい。
ナナちゃん人形
巨大着せ替え人形ナナちゃん。今の時期は水着です。
全裸で立ってることもあるそうです。
禁煙ポスターもシャチホコくん。 あめんぼマンホール。
きゃわゆい☆

お目当ての喫茶店は「一日中モーニングサービス付」で有名な「リヨン」。
もうモーニングに「朝」という意味などなくて「コーヒー+α」なわけだね。

ビルの地下1階にあります。 レトロな店内。
今日はまだ空いてました。
350円でコーヒー+ホットサンド。 「小倉プレスサンド」にしました。
柿の種も付いてます。

さっくさくのトースト、小倉あんとバターの絶妙な組合せが美味☆
このお店が「小倉トースト」を世に出したんだそうです。
甘いあんこのお口直しに柿の種もまた◎。

この後は明治村を目指して犬山市へ。
犬山ってかわいい響き。猫村みたいだ。

名古屋から約30分、名鉄犬山駅 ワン丸。ちょんまげ犬です。
駅からバスに乗り換え。 のどかな田園風景から 山道を走ること20分。

博物館明治村

明治村到着。

広大な敷地に、価値ある明治建築を保存展示する野外博物館です。
ここに移築された、フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関を見にきました。
いろんな旅行記を読むと「建築好き・電車好きには時間が足りない」らしいのでかなり楽しみです。

まずは軽く腹ごしらえ。

明治時代の小説「食道楽」のレシピを忠実に再現したというコロツケー。
アツアツさくさくで美味しい!ドリンクは名古屋牛乳のコーヒー牛乳。
ロゴはやっぱりシャチホコ☆

最初に帝国ホテルを見に行きました。
正門から一番遠い、一番奥にあります。

もっすごい広いので移動はバスで。電車も走ってます。
帝国ホテル旧中央玄関。1923年、帝国ホテル本館(二代目)として建てられました。

ごつごつした質感のレンガや石。
南米あたりの寺院遺跡にも見えて、これが日比谷にあったなんて想像できません。

天井は低めに造られていて、ますます寺院っぽい。
細かく仕切られた窓やレンガから光が柔らかく入ってきます。
柱の装飾がいちいちすごい!
ライトデザインの六角形テーブル。 この椅子もライトデザイン。
「帝国ホテル喫茶室」で休憩。お皿もライトのお皿でした。

大正後期の建物であるこの帝国ホテル玄関が明治村に移築されたのは、取り壊しが決まった時アメリカに保存するよう要請され、当時の首相佐藤栄作氏が「明治村に…」と発言したことから実現したそうです。

いちお、裏も見てみた。 もうどこかの出土品だと言っても
誰も疑わないよね。

この後もいろんな建築物・電車を見て閉園時間ぎりぎりまで明治時代を満喫しました。

無駄に素敵な刑務所の塀。 転車台。
京都市電もまだ現役。 伊勢にあった郵便局。
歴代のポストが展示してあります。

味噌カツ&きしめん

名古屋に戻って夕食は味噌かつを食べに地下街の矢場とんへ。
こんな可愛いブタさんを食べてしまうのね…。
味噌だれうまーい!肉やわらかーい! えびふりゃー!でかーい!

ビールごぶごぶ飲んで、きしめん屋にハシゴしました。

きしめーん! ぺろっと食べてしまった…。

とりあえず気休めに黒烏龍茶を買って新幹線ホームへ向かいました。

帰りは500系のぞみで

500系新幹線はN700系ができたことで「のぞみ」から離脱していくそうです。

形は500系のほうがチューブっぽくて近未来的。

一泊二日の濃ゆい旅は無事終了。
美味しいものいっぱい食べて新旧の新幹線に乗れて満足です。

次は手羽先食べようー!
  • ことりっぷ 名古屋
    ことりっぷ 名古屋
  • 雑貨屋さんぽ 名古屋・愛知編
    雑貨屋さんぽ 名古屋・愛知編
  • なごやに暮らす14
    なごやに暮らす14
  • カフェうらら
    カフェうらら
  • 女子鉄
    女子鉄
  • フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル
    フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル