2/2

東山温泉街、鶴ヶ城、大内宿、塔のへつり

6時半に目を覚まし、ばばばっと服を脱ぎ捨てどぼんと湯舟へ。
窓を開けて川の音をBGMに極楽〜☆

入る度に水死体のように顔をお湯につけてたら肌ぴかぴかになった!
朝食は基本セット+バイキングで好きなものをいろいろ。
食後はラウンジでコーヒーをいただきました。
山の木々を見てると視力上がりそうです。すでに1.5あるけど。
ベランダにも出られます。しゃぼん玉みっけ!
他に人がいなかったのをいいことに夢中で遊んでしまった…

チェックアウトして温泉街をちょこっと散策。

射的。 百万$ヌード。
温泉街の桜ももりもり。 山桜も素朴でいいなぁ。

東山温泉街を出て鶴ヶ城に向かいました。

お城のお堀。幻想的だわー
駐車場は桜の屋根。 桜のトンネルを抜けると…
鶴ヶ城(会津若松城)
鶴ヶ城!(正式名称は会津若松城)

せっかくなので天守閣に上ってみることにしました。

当時の石垣。 資料コーナーにあった「こづゆ」。
登頂。気持ちいいー!
うっすら飯盛山 会津盆地
ピンク色に酔いそう。
稲荷神社 すずめ
小腹が減ったら花より団子。
桃色に染まる鶴ヶ城を見ながらさくら団子とラムネで休憩。

会津若松を出て大内宿に向かうことにしました。

マンホールは磐梯山と松の木。
のどかな田園風景 お城タクシー
会津若松から走ること30分。この辺りはまだ田植え前です。
大内宿に到着。茅葺き屋根が綺麗に並んでいて江戸時代にタイムスリップ。

大内宿は会津若松と日光を結ぶ街道のかつての宿場町です。
周りを高い山に囲まれていることや交通機関から外れたことで、この古い町並みが残ったそうです。

そば屋、民芸品屋、焼き物屋などが軒を連ねています。

3時過ぎてお腹も減ったので有名なおそばを食べることに。

「三澤屋」で高遠そば。
ねぎで食べるおそば! ねぎ一本を箸代わりにして
ずずっといただきます。
ものすごくすくいづらいけど
お箸も付いてくるので安心。
お品書きは扇子。

生ねぎ丸かじり。ぴりっと辛いけど甘みもあって美味しいです。

ねぎを箸代わりにする食べ方はこの地方の食べ方…というわけではなく、混んでいるときに少しでも早くお客さんに出そうと、それまで刻んでいたねぎをまるっと出したのが始まりだそうです。(テレビで女将さんが言ってた。)

お店を出たあとも軽く食べ歩き。

イワナだったかヤマメだったか。
香ばしくてふっくら美味しい!
山ぶどうジュースとざくろジュース
のんびりしてたら日が傾いてきたので
慌てて車に戻り次の目的地へ。

大内宿から15分くらいのところにある「塔のへつり」。

塔のへつり
浸食と風化によってできた渓谷です。
あの橋渡ってみよう!
吊り橋を渡って崖側へ。
足を滑らせたらどぼんです。
上を見上げるとこんな。 岩には名前が付いてるみたいです。
ひぃぃぃぃぃぃ
なんで石が積んであるの!?
戻ろう。
…と、夕暮れの塔のへつりは雰囲気たっぷりでした。
日没。 もっすごい山道を通って
なんとか高速へ出て無事帰宅。

次はネコ駅長のいる芦ノ牧温泉に行こうー☆