3/4

三清洞、北村、MMMG、マポナル、WooBar

10時近くまで寝坊して、12時前にホテルを出発。

「あたしンち」やってた。

お昼を食べに三清洞(サムチョンドン)へ向かいました。

観光案内所。トリの看板かわいいなー。

三清洞はおしゃれなカフェやギャラリーが建ち並ぶ高級住宅街。

趣のある建物がカフェやレストランになっています。
キョンシー? ギャラリー&アートショップ。
やっぱりアートに猫はつきものだね。

やっと見つけたお目当てのお店。(一本道だったのに通り過ぎてた…)

「三清洞スジェビ」有名なすいとんのお店です。
昔ながらの食堂という感じ。 韓国は野菜がいっぱい食べれていいなぁ。
看板の通り、人数分がかめに入って出てきます。 こっちのかめもカワユス。

煮干しやあさりでだしを取った熱々スープに、じゃがいもや人参などの野菜、あさり、そしてつるっとした喉ごしのすいとんが入っています。これは美味しいーーー!
スープも飲み干すくらい美味しかった!
休日は行列ができる超人気店なんだそうです。私たちが出る頃には満席になっていました。

スジェビで温まったら次は北村へ。

うわーすごいベンチ

三清洞から少し歩いたところにある北村(プクチョン)という地区。
韓国の伝統家屋「韓屋(ハノク)」が連なるノスタルジックな街です。

いきなりタイムスリップ。

映画の中に入り込んだかのようー!
ここは政府主導で町並みの保存プロジェクトが進められているそうです。

立派なお屋敷。
ネコ発見ー!すたすたっと屋根の上に登って通りを眺めていました。
この辺りは小高い丘になっているので、瓦屋根を見渡すこともできます。
古い町並みの向こうに見える近代的なビル群は上海で見た景色を思い出すよ。
お寺かな

カササギという鳥。
そういえばカラスは見なかったなぁ。
ふさふさネコちゃん。
お屋敷が似合うね。

北村は丘だけあって急な坂道が多く、足腰にきてしまった。
駅に戻る途中、来る時に見つけたMMMGのカフェで休憩。

millimeter/milligram(ミリメーター・ミリグラム)、可愛いステーショナリーブランド。
ここのショップはカフェも併設されています。
ネコがお出迎え♪ ポップなほのぼの系デザインがクセになるのです。
ハーブティーとアフォガードで一息。足がパンパンだよー
ペーパーナプキンも可愛い☆
使わないで持ち帰りました…。

お茶のあとはボールペン、カードケース、マトリョーシカカードなど購入。

↑楽天にも取り扱いショップがあるよ

今日の夕食は昨日ご一緒したSさんと昨日お会いできなかったHさんと。
お二人とも日本語が上手なので、今日はオール日本語で。

約束の時間まで少しあったのでロッテマートへ。辛ラーメン山積み!
待ち合わせはソウル駅。東京駅に似た趣のある建物。

18時、Sさん・Hさんと合流して麻浦へ移動しました。

土俗居酒屋「マポナル」。
すでに列ができていました。

韓国の家庭料理を出すお店で、どの料理もすごい美味しくて地元の人たちにも大人気なお店だそうです。

20分くらいで席に通されました。テーブル席とお座敷、ぎゅうぎゅうに満席です。
濁り酒「ナルジュ(ドンドンジュ)」
かめからおたまで汲み分けます。
「クルポッサム」
牡蠣、茹で豚、キムチ

ナルジュはマッコリに似た濁り酒。(どう違うのかは良くわかならいのだけど。)
恐る恐る飲んでみたら…ほのかな甘みと酸味で美味しいー!しかもすっきり微炭酸!
辛くて濃いめな味付けの韓国料理に合う!
当たり前だけど、その国の食べ物にはその国のお酒が一番合うよね。ごぶごぶ飲んでしまった。

クルポッサムは、厚めにスライスされた茹で豚と生牡蠣をキムチで巻いて食べます。
なんて不思議な組合せ…と思いながらぱくっと一口。超うまーーーい!この組合せ考えた人天才!
家に帰ってから真似して作ったくらい気に入りました。
※牡蠣のシーズンじゃないとき(春夏)は豚肉とキムチだけのナルポッサムになるそうです。

「テンジャンク」
韓国のお味噌汁
名前失念…
茹で豚のサラダ?
「モドゥムジョン」
チヂミ盛り合わせ
「タットリタン」
鶏肉とジャガイモの甘辛煮

日本で一般的に出てくるお好み焼き風のチヂミは南部地方のもので、本来は衣を付けて焼いた物をいうそうです。(呼び方もソウルなど北部では「ジョン」。)野菜のジョンの盛り合わせ。野菜を多く食べれるのが嬉しいー。

そして看板メニューのタットリタン。ほとんどのテーブルで注文されていました。
やわらかいピリ辛鶏肉とほくほくのじゃがいも。もうーどれもこれも涙でるくらい美味しいー。
また韓国に来たら絶対リピートしよう。

HさんとSさん☆
(カップルではないよ)

お料理の説明から韓国の風習、カルチャー、芸能人の噂?、いろいろ教えてもらいました。
ありがとうー、Hさん、Sちゃん!日本に来るときは連絡してね!
楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

楽しすぎてシャトルバスの最終ギリギリだった…。

ソウル最後の夜。すぐに寝るのももったいなくてホテルのバー「WooBar」へ。
かなりの音量で音楽が流れているので、静かに飲みたい人は隣のシェラトンのバーがいいかも。

オリジナルカクテル。
名前忘れちゃった
このバーカウンターは
ソウルで一番長い18mだって!
ラウンジスペース
右奥の丸いカプセルがDJブース。

1時過ぎまでバーで飲んで、今日も寝たのは3時近く。
暴飲・暴食・夜更かしでお肌が…。